title

海外の株や債券を扱う投資セミナー

最近の投資セミナーでは、海外の株や債券、通貨を扱うセミナーが多くなってきています。
その原因について考えてみますと、第一に、アベノミクス以降は日本株が急上昇しましたが、それまでは日本株は低調で、日本の金利も超低金利でしたから、国内の債券に投資ししても利子が稼げないという状況で、海外に投資するしかなかったという面があります。
第二に、アベノミクス以降も、依然として超低金利が続いていますから、海外の高金利通貨を利用して儲けるという風潮が続いているという点があります。
第三に、アベノミクスによる異次元の緩和により、円安が進むことが予想され、海外の通貨を保有することのメリットが大きくなった点です。
しかし、外国の株や債券を買う場合には、これら株や債券の価格の上昇・下落とともに、為替の変動が加わりますので、儲かる時には2倍もうかりますが、損する時にも2倍になるという面がありますので、セミナーに出席してきちんと勉強しておくのは有意義なことです。